So-net無料ブログ作成

悪夢ちゃん 第11話(最終話)「ドリー夢」あらすじ

「悪夢ちゃん」土曜21:00~21:54<日本テレビ>
12月22日放送【第11話】のあらすじです。

★あらすじ★
武戸井彩未(北川景子)が志岐貴(GACKT)を殺してしまったと
思い込んだ古藤結衣子(木村真那月)はショックで意識を失い、
昏睡状態に陥ってしまう。結衣子が目を覚まさない原因は医者にも不明。

古藤万之介(小日向文世)が言うには
「意識の世界を捨て無意識の世界に行ってしまった」という。
このまま眠り続けると現実にいる結衣子の身体は滅びてしまう…
しかし、そんな状態でも結衣子は予知夢を見ていた。その夢札を見る彩未。

シスターマリカ(藤村志保)に会うために児童養護施設にやって来た彩未。
そこで彩未は人身売買を行なっていた闇の組織の全貌と自らの過去を知る事になる。

病院のベッドでは、未だに結衣子は眠り続けたままだった。
しかし5年2組の生徒は、口々に「結衣子を見た」と言う、
公園や、駅や、美容室で…結衣子は友達の前に現れ、すぐに姿を消した。

このまま夢の世界に行かせるわけにはいかない…
彩未は結衣子の無意識にアクセスすることを試みる。
彩未の過去、夢獣の正体、結衣子の父親…全ての謎が、今、明らかになる。
     予告動画あり⇒「悪夢ちゃん」公式サイトより引用


ジュエルポッドダイアモンドパープル在庫あり
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © TVドラマネタバレNavi All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
ゼニカル

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。