So-net無料ブログ作成

東京全力少女 第11話(最終話) あらすじ

「東京全力少女」水曜22:20~23:14<日本テレビ>
12月19日放送【第11話】のあらすじです。

★あらすじ★
麗(うらら、武井咲)は弁護士になることを決めて勉強を始めた。
一方、卓也(渡部篤郎)は華子(比嘉愛未)、冬(市川由衣)、
はるか(森カンナ)、それぞれに別れを告げた。

さゆり(堀内敬子)と麗と卓也、念願の親子三人暮らしに向けて
準備が始まっていた・・・はずだった。

そんなとき用事で上京したさゆりが、思わぬことを言い出した。
「いつ、琴平に引っ越してくるのか」と言うのだ。
さゆりは卓也が琴平にくるものだと思っていたらしい。

しかし卓也は引き受けている弁護の仕事を投げ出すわけにはいかない。
「琴平から東京に通えないの?」というさゆりに、
「店を閉めて東京に来なさい」という卓也・・・二人はにらみ合い、
話し合いは平行線のまま。
そしてさゆりは琴平に帰ってしまう。

復縁早々、トラブル発生か――?!
ヘコむ麗から事情を聞いた大輔(三浦翔平)は、二人が納得する
方法を1つだけ考え付く。
だが、それは、親子三人で暮らすことはできない方法だった。
渋る大輔からそのアイデアを聞いた麗は琴平に帰り、さゆりに宣言する。

「私が美容師になって、この店を継ぐ」――!
麗は弁護士になる夢をあきらめても、父と母が幸せになることを
優先するつもりだった。

そしてクリスマスの日、麗は“玉川”に卓也とさゆりを呼び出す。
自分が琴平にいくから、二人には東京で新生活を始めてほしいという麗に、
卓也は「私が琴平に行く」と言い、さゆりも「東京に行ってもいい」と言い出す。
どちらで暮らすか結論はすぐに出なくても、
必ず親子三人で暮らす道を探そうと誓い合う卓也とさゆり。
そんな二人に麗からのとびきりのクリスマスプレゼントが渡されるー。
     予告動画あり⇒「東京全力少女」公式サイトより引用


ジュエルポッドダイアモンド在庫あり
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © TVドラマネタバレNavi All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
ゼニカル

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。