So-net無料ブログ作成

悪夢ちゃん 第9話「皆夢」あらすじ

「悪夢ちゃん」土曜21:00~21:54<日本テレビ>
12月9日放送【第9話】のあらすじです。

★あらすじ★
武戸井彩未(北川景子)が担任するクラスで図工の時間に
「自分の一番遠い記憶」という課題で全員が絵を描いた。
近藤七海(大友花恋)と月本奈央(土岐瑞葵)は貼りだされた
1枚の絵を見て恐怖を覚えた。

それは古藤結衣子(木村真那月)の描いた“天使の羽がついた
白いブランコ”の絵だった。

七海と奈央は“天使の羽がついた白いブランコ”のロゴを掲げる
団体が行なっている雑誌の撮影会に何度か参加し、読者モデルに
ならないかと誘われていた。

しかし、よくよく調べてみると、その団体に関わった子供たちは
次々に姿を消していた…。

“天使の羽が付いた白いブランコ”について結衣子達から相談を受けた彩未。
彩未もそのブランコに見覚えがあった。自分が育った児童養護施設で
ブランコを見た事を思い出した彩未は、すぐに児童養護施設に向かった。

そこで会ったシスターマリカ(藤村志保)から彩未は自らに関する、
驚愕の事実を知ることになる。

一方そのころ、結衣子は予知夢を見た。
その内容は、塾帰りの奈央が海から上がってきた
アザラシにさらわれるという内容だった…
   予告動画あり⇒「悪夢ちゃん」公式サイトより引用

人気商品
仮面ライダーウィザード変身ベルト予約
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © TVドラマネタバレNavi All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
ゼニカル

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。